地盤調査で安心を買おう|地震対策になる!

作業員

適切に調べる

作業員

地盤調査の主な目的は、土地に構造物を建てる為の地盤が安全に支持できるのか、または適切な方法を調査する事です。含まれる水分量により土の性質は変わり、また堆積した経緯異なる為、粒子の混合具合に均一性がありません。

この記事を読む

命を守る手段

2人の作業員

最近では震度6以上の地震がいろいろな地域で起こっており、甚大な被害を受けています。また、このような災害から身を守るためにも、地盤調査が欠かせないので専門業者に依頼するといいでしょう。

この記事を読む

地震から身を守る

工事現場

地盤調査のこれまでの生い立ち

家を建てる時にはその土地の強度を測る為に地盤調査を実施しなければいけません。昔は地盤調査をせずに住宅の建築が行われていましたが、関東大震災や新潟地震等の自然災害を通して急激に発展して行きました。そして2000年に建築基準法が改められ、建築時には地盤調査を必ず行う事が義務付けられました。地盤調査を行う為にはまず、調査会社等に問い合わせ見積もりを取ります。そして費用や方法に納得出来たら契約をして実地調査となります。現在では実地調査の他にも、昔の地盤のデータ等様々な資料を参考にして分析が行われています。地盤調査で地盤の改良が必要と判断された場合は補強工事をする事になります。工事の種類としては、柱状改良法、表層改良法、鋼管杭工法等があります。

様々な種類の試験方法

地盤調査の方法は沢山ありますが、主にスウェーデン式サウンディング試験、表面波探査法、標準貫入試験等が行われています。スウェーデン式サウンディング試験はスクリュー上の棒を回転させながら地中に差し込み強度を測定する試験です。通常4ヶ所から5ヶ所を数時間かけて測定します。表面波探査法は、人工的に小規模の地震を起こして地盤の強度を測定する試験です。この試験は固い地面を調査する時等に行われます。標準貫入試験は世界共通の調査方法となっています。測定方法は重りを上から何度も落として、サンプラーが一定の深さまで食い込む回数で強度を測る試験です。これらの試験の中で一番人気があるのがスウェーデン式サウンディング試験です。なぜなら安価で試験を行う事が出来る上、正確な測定が可能だからです。費用はだいたい3万円から5万円となっています。

被害を抑える

笑顔の作業員

土地の購入をして最初にするべきことは地盤調査といえるので、忘れずに行なうといいでしょう。そうすることで、強い地震が起こっても被害を最小限に留めることが可能になるのです。

この記事を読む